外壁塗装以外のサービス

画像

屋根塗装・屋根葺替サービス

住宅で塗装が必要な箇所は、外壁以外になにがあるでしょうか。一番塗装が多い個所としては、屋根になります。そのため、外壁塗装を行っている業者のほとんどな屋根の塗装と合わせて施工依頼をすることができます。

外壁と同様に屋根もウレタンやシリコンなどの塗料を使用することは多いのですが、実際に施工をする場合は、外壁と屋根ではそれぞれ違う塗料を使って仕上げていきます。新築から傷み出すのは外壁だけでなく、屋根などに見られても不思議ではありません。

外壁の傷やひびなどが気になるときは、同時に屋根の塗装も考えてみてはいかがでしょうか。業者によっては、屋根と外壁を一緒に施工することで割引などのサービスが受けられることもあります。

外壁に外素材を張る「サイディング」

「サイディング」というパネル系の素材を外壁に張るサービスも、外壁塗装を専門で取り扱っている業者で承っています。サイディングにもいろいろな種類があります。最もポピュラーなのは、窯業系のもので、セメントの焼き物でできたパネルを張っていくタイプです。軽量ですし費用もリーズナブルで、多くの家屋で用いられています。

ほか、金属(鋼板)を用いたサイディングもあります。お住いの近所でメタリックな外観の家を目にすることはあるでしょう。金属性のものは、その独特の質感と、ひび割れなどの心配が少ないといった利点を備えています。このように、いろいろな特性のあるサイディングがあるので、興味がある人は調べてみてください。

エクステリアのリフォーム

家の外観(エクステリア)のリフォームを行ってくれる業者も多いです。対象エリアは、フェンス、門や玄関周り、お庭、テラス周り、そして駐車スペース車庫周りと4つ。エクステリアのリフォームをすることによって、住まいの見た目をさらに美しくしてくれるだけでなく、住み心地もアップするはずです。

フェンスや門、玄関といったスペースでは、防犯対策としてリフォームすることが多いです。特に外灯などはその効果が期待でき、夜間に手元を見やすくするといった意味でも快適性が上がります。庭や駐車スペースも、一工夫するだけでとても素敵な空間になることがあります。

日常で感じる不便などがあれば、一度業者に相談してみてはいかがでしょうか。

ベランダなどの防水・シーリング工事

屋根やベランダの防水も、住宅を保護する、快適さを保障するために非常に重要な工事です。これらの箇所の防水機能の寿命は、10~15年といわれます。また、シーリングについては10年程度です。外壁の平均寿命も10年ですので、外壁塗装をするの際は、ほかの箇所の補修も検討するといいでしょう。

防水工事の種類は、ゴムや塩ビ素材を使ったシートによる防水、FRPやアスファルト防水工事などがあります。シートやアスファルトを用いた防水施工は、主に屋根のリフォーム向けです。その効果は、雨漏りやカビ、湿気、腐食を防いでくれます。

その他

これまでに紹介してきたリフォーム以外にも、インテリアのリフォームなども屋根塗装の業者で行えることがあります。床や壁、水回りなどのリフォームをすることで、住み心地がアップすること間違いなしです。バリアフリー工事も、最近は多くの家庭で行われるようになっています。

また、外壁塗装を行っている業者は個人の住宅だけでなく、マンションやビル、店舗や工場プラントのリフォームまで手掛けることもできます。生産性の向上、集客力アップなどの効果が期待できます。法人で現在の建物にどのような手を加えればいいか悩んでいる場合、一度業者に相談してみるのもいいでしょう。

TOPへ戻る